た、高い!

  • 2019.08.19 Monday
  • 19:55

狼さんことWOLF125の修理見積もりに行きました。

キャブレターのアッセンブリーはもうないそうです。
つまり、新品のWOLF125用TM30は手に入らないってことのようです。

まあ、半分は覚悟してましたが、そうですか。
やっぱりガックリきます。

で、キャブのオーバーホールしか手がありません。
ますます、私にはお手上げです。

せっかくだから、燃料系のパーツも交換するか。
見積もりに、燃料コック、ホース、インシュレーター、吸気リードバルブも突っ込むと、
パーツ代が3万2千円也。
この他に当然工賃がかかります。

たけーよ。
新品のキャブじゃないんだよ。
ボディもスライドバルブもフローターも金額には入っていません。
単気筒でこれか…

信じられないぐらい高い。
これじゃまるで旧車のパーツみたいじゃないか。

で、どうしたかというと、
パーツ代、内金で払いました。
入庫はまだです。

狼さん、どうした!

  • 2019.08.16 Friday
  • 21:58


いきなりブースター接続の図です。
またもやWOLF125のエンジンがかかりません。
前と同じ症状で、
全く初爆が来ません。

また、一通りできることをしましょうか。



タンクを外します。
もう、すごく慣れてしまいました。
コツは、コツはダンボールを用意すること。
以上。



で、半開きのエアクリーナーを見てみます。
オイルの塗布量が多すぎて通気が悪いかも。
チェックしますが、どちらかと言うと、オイル少な目。
スポンジフィルタも特に問題なしです。



フタのモルトが劣化していますが、
だからといって大した問題には見えません。
何か噛んでいると思っていましたが、そんなこともありません。
どうやら、フタの縁が反っているようです。
まあ、大丈夫かな。


プラグです。
ついこの前に新品にしたのに、ベッタベタです。



とりあえずウエスで拭きました。

で、また、元のように組んで、
セルを回しますが、やっぱりかかりません。

キャブが問題なのかなあ。
どうしよう。
また、バイク屋まで押していくか?

前回同様にバイク屋に到着したら、
難なくかかったりして。
その日は悶々とした状態でそのままにしていました。
翌日に閃きました。
オーバーフローかもしれない。

確認しましょう。
でも、キャブを外して油面確認なんて高度なことはできません。
ガソリンコックをOFFにして延々とセルを回してみます。

一応、スタート前にキャブに行くホースのガソリンは抜いておきます。
車とブースターを繋いで…

ホントに延々とセルを回しました。
マフラーからの排気圧は感じます。
5分ぐらい回した頃でしょうか、初爆が来ました。
でもすぐ止まります。

そんなことをさらに5分ぐらいやって、
かかりました。
エンジン始動です。
すごい排気煙です。

ガソリンコックをONにして、
さらに5分ぐらいアクセルをあおって、
アイドリングが安定するまで続けました。

一旦エンジンを停止して、再度始動。
問題ありません。

ふう、よかった。
どうやらオーバーフローのようです。
バイク屋まで押していくと始動するのは、
揺れでガソリンが漏れて油面が下がるからだったのです。

さて、どうしたものか。
キャブのオーバーホールが必要なのは間違いありません。
細かい原因を探るのは私にはムリです。
いっそのこと、新品のキャブにしちゃうか。
手に入るのかな?新品。

緩みどめにした

  • 2019.08.15 Thursday
  • 07:28


WOLF125のフェンダーゆるゆる事件の続きです。

緩みどめ剤で対応することにしました。


ボルトを外して緩みどめ剤を塗るだけなので、 難易度ゼロです。
手持ちの緩みどめ剤は中強度しかないので、 それを使います。


奥の2本はなぜか6角ボルト。
しかもステンレス。
後付けですね。
外すと奥2本だけはネジにグリースが塗布されてました。

ん?奥だけちゃんと整備されている?

思い出しました。
狼さんを買った時に、奥の2本が初めから付いていなかったので、 私が買って付けたのでした。

じゃあ、何で緩んだ?

あ!
フロントフォーク交換の時に外されています。
その時のバイク屋が黒っぽいグレーですね。
まあ、純正ボルトじゃあないこちらも悪いのですが。

と、なると、各部の締め付けをチェックした方がいいですね。

ざっくり目視します、と。



ん?
エアクリーナーボックスの蓋がちゃんと閉まっていない!

力を入れても閉まりません。
何か噛んでいるかも。
ここを最後に触れたのは…

不動の時に持ち込んだバイク屋だ。
これはタンクを外さないと確認できません。

うーん、次にしよう。

緩んでる

  • 2019.07.21 Sunday
  • 05:23


WOLF125を掃除していて気付きました。

フロントフェンダーがガタついている。

緩んでいる、なんでもんじゃなくて、
cm単位でガタガタしてます。
取り付けボルトが緩んでいたようです。
気づかないで、走っていました。
危ない危ない。

車体部品がこんなに一気に緩むとは驚きました。

ボルトを締めて解決です。
この固定ボルト4本は平たい六角穴ボルトで、
見た目はカッコいいのですが、どうやら緩みやすいもののようです。

純正品ではありません。
私が購入した時からこのボルトでした。

純正品だったら緩まなかったのか、と言えるのかどうかは分かりませんが、
機会を見て、純正ボルトに戻していきたいですね。

羊さん、燃費

  • 2019.07.13 Saturday
  • 06:32


羊さんことTF125にも給油です。
こっちはお安くレギュラーです。
あ、写真は以前のものです。あしからず。

33.0km/リットル

最高燃費更新です。 バカみたいに好燃費です。
別にエコランはしてません。
相変わらず6速にはほとんど入れることができません。

ギアオイルを替えたのが効いているのでしょうか?

もう一つ、可能性があるのは空気圧。
タイヤ空気圧を1割ほど上げました。
路面温度が高い時期なので、
問題ないかなという判断です。

チェーンの張りが緩いっていうのも地味に効いているのかもしれませんね。

狼さん、燃費

  • 2019.07.12 Friday
  • 10:14


WOLF125に満タン給油しました。
まだ給油しなくてもいいかな、って距離でしたが、
ガソリン添加剤を投入したくて、給油です。

20.1km/リットル

なぜかいいのですが、今回は参考値ですね。

ガソリン添加剤入れてみた

  • 2019.07.11 Thursday
  • 20:14


LIQUI MOLY っていう燃料添加剤を買いました。
お値段約1,700円。地味に高いな。



Motorbike 2T Bike-Additive
2サイクルエンジン専用 フューエルエンジンクリーナー
最高のエンジンパフォーマンスを維持するエンジンコーティング&クリーナー(2サイクル用)。
エンジン内部のポートやプラグなどに付着したカーボンやスラッジ等を除去し、新たな堆積物の形成と燃焼システム全体の腐食を防止し、燃費を改善させます。
キャブレターやインジェクションなど、ガソリンが流れる部分を清浄し、新たな汚れの付着も防止します。
燃焼効率も向上し、排気ガスをよりクリーンな状態で排出します。
触媒付車両にも使用可能です。
すべての2サイクルガソリンエンジンに使用可能です(混合・分離給油共に使用可)。
5?のガソリンまたは混合ガソリンに対し本製品25ml(1ショット)をご使用ください。
常にご使用いただくと最高のパフォーマンスを維持します。



LIQUI MOLY ってメーカー名だったようです。
商品名が Motorbike 2T Bike-Additive

2スト専用ってどういうことなんだろう?
分離給油の2ストオイルに悪影響がないってことなんでしょうか?

目的はもちろん、狼さんことWOLF125に使用です。
ここのところの始動不良はキャブの汚れとにらんで、
とりあえず、この洗浄剤で様子見です。

使い方はガソリン5リットルに対して25cc混ぜます。
容量250mlなのでガソリン50lに混ぜられます。
そうするとガソリン1lあたりは34円か。
やっぱり高いな。
容器の上部にサブタンクがあって、
25ccが簡単に計れます。

狼さんと羊さんに入れてみましたが、
走ってみても違いは分かりませんでした。
走りに影響がなくて、効能通りならかなりいいですね。

サイコン、その後

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 07:42


サイコンが壊れてしまって、
トリップが分からない状態になっていた羊さんでしたが、
新しいものを購入しました。

取り付けベースやマグネットセンサーは生きているようなので、
同じものを再購入しました。
サイコン SD-548B

アマゾンで前回とは別のお店で買ったら、
お値段驚きの328円。
安すぎないか?

その代わり、届くのに3週間もかかっていました。

さて、設定しないと動きません。
英語の説明書なので読めません。
ネット情報を元に設定をしました。



電池をしっかりはめてから、
前輪外周長、
kmとマイルの別、
時計、
と合わせます。
外周長は前回データを失念してしまったので、
2151mmでとりあえず入力しました。
それ以外に、謎の20の倍数の入力がありましたが、
これまたとりあえず80と入れておきました。
最高速設定かな?

いつも思うのですが、
バイクにトリップメーターを内蔵するぐらい、
メーカーだったらワケもないことのはずなのに、
どうして、付いていない車種があるのか、ってこと。
トリップも燃料計もなければ不便でしょうがありません。
逆に、それらがなくても大丈夫って層はどういう使い方をしているのか不思議でなりません。

で、元々のベースに取り付けて乗ってみました。
新品なので液晶がピシッとしてます。

このサイコン、
速度が超アバウトだなと思っていましたが、
どうやら設定か個体差の問題のようです。
今回のサイコンは極めて正確な速度を表示してくれます。

追記
前輪外周を 2151mmとしてましたが、
しばらく走ってODOメーターと比較したところ
2159mmと入力するのが正しかったようです。
1%以下の誤差なので直しませんが。

狼さん、大丈夫か?

  • 2019.07.06 Saturday
  • 19:54

またもやWOLF125に火が入りません。
全く初爆が来ません。
4月に入院した時と同じ症状です。
車とブースターでつないで、延々とセルを回してもダメ。


後日、新しいプラグを買って来ました。
プラグの部品名は
NGK 3035 BR8ECM
純正スペック表ではBR9ECMとなっていますが、
勝手な判断で一段焼け型にしてあります。


プラグ交換はエンジンの脇からできそうなのですが、
一応タンクを外してやることとします。


まず、タンクのコックをオフにして、
キャブに行っているホースを抜きます。



タンク中央下にあるチューブも抜きます。
後は、タンク後部のボルト類を抜けば外れます。
箱状のダンボールの上に外したタンクを置きます。
下に出っ張ったガソリンコック壊さないためです。


ついでに排気デバイスを動かすアクチュエータから出ているワイヤーに注油しておきましょう。

さて、プラグですが、
コレが固くて外れない。
入院した時にバカトルクで締め付けられたようです。

スッゲー苦労してプラグを外しました。
再利用が効かないぐらいワッシャーが潰れていました。


新旧のプラグです。
それほど悪い状態には見えません。
でも、念のために交換しました。
古いのは予備プラグとしましょう。



で、またブースターケーブルで車と接続。
セルを回しまくります。

だめ。
全然かかりません。

ああ、また入院か…


1km離れたバイク屋さんまで、
押していきました。
一応JAFに入っているので、
修理のための車両運搬は無料でやってくれるのですが、
1kmで頼むのは気が引けます。

で、入院。

家に帰ってやれやれと思ったら、
すぐ、バイク屋さんから電話が来ました。

スッゲー、イヤな予感。

「エンジン、フツーにかかりますけど」
「は?」

急遽また、バイク屋さんに行きました。
チョークを引いて一発でエンジンがかかったそうです。
つまり、何も壊れていないってこと。
何しに来たんだって状態です。
代金も発生しないそうです。
うわー、申し訳ない。

平謝りして、乗って帰りました。
あんまり調子良くなかったな。
フケ上がりが重く、
7千回転付近のバラつきも終始ありました。
でも、1万2千回転まではキッチリ回るので、
排気デバイスは問題なさそうです。


羊さん、ブレーキOHその後

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 21:14

TF125のフロントドラムブレーキにジャダーが出てきたので、
プロにオーバーホールしてもらった結果、
ジャダーは直ったけど、他は何も変わらないっていう話が2週間前のことです。

それから500km走って、大違いになってたことに気付きました。

しっかり握るとちゃんと効く!

今までは制動時に握り足しても効きが変わらない恐怖仕様でした。
握り足してもワイヤーだけが伸びるような感触で減速に違いが出ません。
急制動はシフトダウンとリアブレーキで対応するクセが付いていたので、
ブレーキレバーをさらに握るってことをしてませんでした。

オーバーホール後、しばらく経って試しにやってみると、
ブレーキが効く!

同時にフロントフォークが一段沈み込み、安定した効きが実にコントローラブル。
ブレーキが全然効かないバイクからフツーに効くバイクへと変わっていました。

何も部品交換もせずにこの変化です。
初期状態っていったい何だったのでしょうか?

羊さんが納車された時、
あまりに効きが悪いものだから、ネットで調べました。
ネット上では、効きが悪いって話もありましたが、
普通に効くというインプレもあって判断がつかず、
古い設計のドラムだからこんなもんか、 と思いこんでいました。
効かないってのが当たり前という認識でいたことがそもそもの間違いでした。
TF125、ちゃんとブレーキが効くバイクじゃん。

現在、羊さんはドラムのフツーぐらいには効くので安心して走れます。
そな安心感のおかげで乗るのが楽しくなりました。

もっと早くオーバーホールしてもらえば良かったよ。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM